2007年07月16日


7/13 大会公式サイト フォトギャラリー更新! 日本代表対アメリカ代表戦


7月15日等々力陸上競技場にて行われた対アメリカ代表との決勝戦の様子をフラッシュバック!
大会公式サイト フォトギャラリーはこちらをクリック!
http://wc2007.info/multimedia/index.html


_DSC6144.jpg

(C)JAFA/Andrew Malana


7/15 試合後記者会見


3連覇ならず。オーバータイムの末、惜しくも敗れた日本代表。試合終了後、チームを代表して阿部監督、脇坂主将が記者会見を行いました。









日本代表3連覇ならず


決勝戦試合結果


○アメリカ代表(23)×●日本代表(20) 

試合日:2007年7月15日(日) 天候:雨 観衆:10231人
会場:等々力陸上競技場
開始時刻:17時14分
終了時刻:19時47分


アメリカンフットボールの世界一を決める「FUJITSU presents 第3回アメリカンフットボールワールドカップ2007川崎大会」は、本日大会6日目を迎え、優勝決定戦 日本代表対アメリカ代表との試合が等々力陸上競技場で行われた。


jpn2.jpg
(C)JAFA/Andrew Malana

結果、アメリカ代表がタイブレークに突入する熱戦を制し、日本代表を23対20で下し、初のワールドカップを獲得した。日本代表はスピードとハートに溢れるプレーで、体格に勝るアメリカ代表を脅かしたが、あと一歩のところで涙を飲んだ。時おり小雨のふる中、日本代表は最初のプレーでインターセプトを許し、その後のアメリカ代表の攻撃でRB#26カスパーバウアーの5ヤードランでタッチダウン(TD)を奪われるという苦しい展開ながら、第2QにQB#13冨澤からDL#92紀平への2ヤードのTDパス、K#1金親選手のフィールドゴールで逆転して前半を終えた。
jpn3blog.jpg
(C)JAFA/Andrew Malana

その後はアメリカ代表に第3Q に同点に追いつかれるが、第4QにTE黛選手の6ヤードのTDレシーブで17対10と再びリードした。しかし、第4Q、追い詰められたアメリカ代表はアメリカンフットボールの母国の意地を見せる。試合時間残り2分51秒に、カスパーバウアーが5ヤードランでこの日2個目のTDを記録、17対17の同点とし、試合を振り出しに戻した。タイブレークでは先に攻撃したアメリカ代表がFGを決めると、日本代表もFGで応酬。ところが、次の攻撃では先行の日本代表が34ヤードのフィールドゴールに失敗、アメリカ代表が23ヤードのフィールドゴールを決め、日本の3連覇の夢を砕いた。

jpn6.jpg
(C)JAFA/Andrew Malana


この試合の詳細はこちら↓
http://wc2007.info/777/game9_j.html