« 日本代表チームオフィシャルサイトがオープンしました! | メイン | 日本代表二次候補、次回強化試合のご案内 »


日本代表二次候補チーム 強化試合結果速報

日本代表二次候補チーム vs 法政大学と日本大学のクォーター入替制


日本代表二次候補チームが快勝!

○日本代表二次候補チーム(36)×●法大と日大のクォーター入替制チーム(17)


試合日: 2007年4月15日(日)  天候: 晴れ
会場: 川崎球場      開始時刻: 13時01分   終了時刻: 15時59分
 アメリカンフットボールの世界一を決める「FUJITSU presents 第3回アメリカンフットボールワールドカップ2007 川崎大会」に主催国として出場する日本代表チームの二次候補選手とアメリカンフットボールの名門大学である、法政大学、日本大学のクォーター入替制の試合が、4月15日(日)に川崎球場で行われた。

 結果、日本代表二次候補選手チームが法政大学と日本大学のクォーター入替制チームに、36対17で快勝した、前半は、16対14と接戦であったが、後半は、日本代表二次候補選手チームが終始、有利に戦いを進め、終わってみれば、実力の差を見せる結果だった。

 日本代表チームにとって、この試合がワールドカップに向けた初の試合であり、大会3連覇を目指すチームとして、最高のスタートをきることができた。

 また、当日は天候にも恵まれ、日本代表チームの門出を、祝福するかのようだった。



試合開始直前、日本代表二次候補選手による国歌斉唱




第4クォーター開始後の波木選手によるタッチダウンシーン


 ≪日本代表チーム 阿部 敏彰(あべ としあき)監督のコメント≫
 今回の試合では、練習では計ることのできない選手の実力を、実戦を通してみることが出来た。4月29日に関西で行う、立命館大学と関西学院大学との試合でも、選手の実力をしっかりとみたい。
 また、選手には、もっと試合にてアピールをして欲しいと思う。
 今後の予定としては、5月の連休明けに、55名(予定)の日本代表候補選手を発表し、5月20日には在日米軍Allstarとの試合をする予定だ。


 ≪日本代表チーム 佐野 忠也(さの ただなり)ゲームキャプテンのコメント≫
 今日の試合を終え、正直、チームがまだ、まとまっていないと感じた。
 また、大会に向けて、アメリカを倒すべく、高い意識を持ち、練習に励んでいきたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://wc2007.info/mt/mt-tb.cgi/6