アメリカンフットボール日本代表オフィシャルサイト
大会関連リンク スポンサーリンク

日本代表チームの歴史
 日本フットボール界におけるオールジャパン活動は、本場米国との交流を柱に、誕生翌年の1935年(昭和10年)から開始されている。翌年には仰天の米国遠征。こうした先人たちのフットボールにかけた情熱は戦後の活動に受け継がれ、在日米軍チームとの交流に始まり、71年のユタ州立大来日以降、頻繁な米国大学来日へと発展していった。その交流のたびに技術や根本理念を吸収し、日本フットボール界はオールジャパン活動と共に向上していった。世界的なフットボール普及が加速し始めた世紀末からは、99年、2003年に開催されたワールドカップにオールジャパンが連続して頂点に立つ栄誉に輝いている。
 そして07年7月。遂にその世界舞台に、帝王米国が第3回フットボール・ワールドカップに初の参戦を表明。オールジャパンにとって敗戦の歴史であり続けた本場米国との闘いに、かかる期待は膨らむばかりである。
過去の主な対戦記録
1935 3/23 南カリフォルニア大 71 7 明治大 甲子園南運動場
3/25 全米軍 73 6 全日本 甲子園南運動場
3/31 全米軍 46 0 全日本 神宮競技場
1936 1/3 南カリフォルニア高校選抜 19 6 全日本 ギルモア・フィールド
ルーズベルト高 0 0 全日本 ホノルル・スタジアム
  1964 12/11 ハワイ大 40 0 全日本 ホノルル・スタジアム
12/18 49ERS(ハワイ大OB) 10 28 全日本 ホノルル・スタジアム
  1971 12/19 ユタ州立大 50 6 全関東 国立競技場
12/26 ユタ州立大 45 6 全関西 甲子園球場
1973 1/7 ハワイ大 31 0 全関西 西宮球技場
1/15 ハワイ大 43 0 全関東 国立競技場
5/27 グアム大 34 14 全関西 西宮球技場
6/3 グアム大 15 14 全関東 駒沢第二球技場
1974 1/5 ウェイクフォレスト大 28 3 全関西 尼崎市営陸上競技場
1/13 ウェイクフォレスト大 35 0 全関東 国立競技場
3/24 US All Star 12 10 全関東社会人選抜 国立競技場
3/31 US All Star 34 8 全関西社会人選抜 西宮球場
12/24 ノースウエスタン大 48 0 西日本 伊丹スポーツセンター
12/29 ノースウエスタン大 14 0 東日本 国立競技場
1976 12/25 コーネル大(軽量級) 9 0 全関東学生 国立競技場
1977 1/3 コーネル大(軽量級) 16 17 全関東学生 瑞穂競技場
12/17 ブリガムヤング大 61 13 関東学生選抜 国立競技場
12/24 ブリガムヤング大 71 0 関西学生選抜 瑞穂競技場
  1989 1/8 ウィリアム&メアリ大 73 3 日本学生選抜 横浜スタジアム
12/23 アイビーリーグ All Star 49 17 日本学生選抜 横浜スタジアム
1990 12/24 アイビーリーグ All Star 47 10 日本学生選抜 横浜スタジアム
1991 12/24 アイビーリーグ All Star 24 0 日本学生選抜 東京ドーム
1993 1/8 アイビーリーグ All Star 68 3 学生オールジャパン 東京ドーム
1994 1/8 アイビーリーグ All Star 31 14 学生オールジャパン 東京ドーム
1995 1/8 アイビーリーグ All Star 20 10 学生オールジャパン 西宮球場
1996 1/7 アイビーリーグ All Star 35 16 学生オールジャパン 西宮球場
1998 8/3 フィンランド代表 7 39 オールジャパン 東京ドーム
1999 5/16 在日米軍オールスター 0 84 オールジャパン 横浜スタジアム
6/28 スウェーデン代表 14 24 オールジャパン イタリア・パレルモ市
7/1 オーストラリア代表 0 54 オールジャパン イタリア・パレルモ市
7/4 メキシコ代表 0 6 オールジャパン イタリア・パレルモ市
  2003 2/23 韓国代表 0 88 オールジャパン 長居競技場
6/22 在日米軍オールスター 12 88 オールジャパン 川崎球場
7/10 フランス代表 6 23 オールジャパン ドイツ・ヴィースバーデン
7/12 メキシコ代表 14 34 オールジャパン ドイツ・ヴィースバーデン
2005 7/14 USAハワイ 16 20 オールジャパン 東京ドーム